2011年02月28日

『どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?』



羽生名人以外のプロ棋士にとって相当刺激的なタイトル。

果たして、梅田氏は何を言いたいのか?

将棋ファンはもちろん、将棋を知らない人にも是非読んでほしい
一冊。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」
将棋ファンならずとも、この問いを発する。

羽生名人だけが強いわけではない。
谷川浩司、佐藤康光、森内俊之、渡辺明、久保利明、深浦康市、
その他強い棋士は沢山いる。

しかし、羽生名人の実績は他の棋士を圧倒的に引き離している。
20年近くナンバー1でありつづけ、タイトル獲得数78期は
驚異的である。
現役棋士でこれに続くのは、谷川浩司27期、佐藤康光12期、
森内俊之8期、加藤一二三8期、渡辺明7期。
故大山十五世名人の80期を抜くのは時間の問題であろう。

羽生だけ強すぎるのは紛れもない事実なのである。
羽生の強さに迫ったのが本書。
このような本を書けてうらやましいというのが、
一人の将棋ファンの感想である。

本書の構成は、
第一章 大局観と棋風
第二章 コンピュータ将棋の遥か上をゆく
第三章 若者に立ちはだかる第一人者
第四章 研究競争のリアリティ
第五章 現代将棋における後手の本質

となっている。

その中で特に印象に残ったのが第三章と第五章。

第三章では若手の山崎七段との王座戦がテーマになっている。
難解な局面が続いたが、山崎の悪手により最後はあっさり
羽生が勝った将棋である。
羽生は勝ったにもかかわらず不機嫌であった。

なぜか?
羽生は難解な局面を考えるのが好きで、楽しんでいるのである。
難解な局面が続くのが楽しくてしかたがないようである。
ところが、続くと思っていた難解な将棋があっけなく終わって
しまったので不機嫌になったようだ。

普通は難解な局面を考えるのは苦しいはずなのに、
羽生は楽しんでいる。
これでは相手はたまらない。

負けた山崎はこう述べている。
「羽生さんは怖い。底を見透かされているような気がして、
恐怖心が全然拭えない。」

第五章は7六歩に対する2手目の8四歩がテーマになっている。
昔は初手7六歩に対して、居飛車党なら8四歩、振り飛車党なら
3四歩と決まっていた。
最近は居飛車党でも3四歩と突くようになってきた。
いや、居飛車党、振り飛車党という分け方もできなくなってきた。

羽生も3四歩と突くことが多い。
そんな中、2手目8四歩にこだわる棋士がいる。
深浦康市、渡辺明など。

なぜ8四歩にこだわるのか?
詳しい話は長くなるので省略するが、要するに8四歩を絶滅
させてはならないという使命感である。

私が定跡を覚えた30数年前では、2手目8四歩の是非が問われる
時代が来るなど想像もつかないことであった。
本当に現代将棋の進化はすさまじい。
こういう状況になったのは、羽生世代の功績が大であろう。

他の章でも羽生の強さをいろいろな角度から分析して、
面白い。
将棋ファンでなくても楽しめる一冊であろう。

さて、今の将棋界も面白い。
長い間、羽生を中心とする羽生世代が将棋界の中心であった。
羽生世代も40代を迎え、最強世代とは言えなくなってきた。
森内が無冠となり、佐藤がA級から陥落(1期で復帰)。
他の羽生世代の棋士もタイトルを取れなくなった。

それに代わり、羽生世代より少し下の深浦、久保が
タイトルを取るようになった。
また、若手の中で孤軍奮闘していたのが渡辺だが、
さらに若い広瀬、豊島などが台頭してきた。

今でも羽生がナンバー1であることには変わりないが、
以前よりも若手棋士に負けるようになってきた。

羽生がいつまでナンバー1を続けるのか?
羽生に代わってナンバー1になるのは渡辺か?
それとももっと若い世代か?
戦国時代になるのか?
将棋ファンにとっては目が離せない状況である。

シリコンバレーから将棋を観る―羽生善治と現代

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)


人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。

ranking_banner2.gif にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

タグ:羽生
posted by yamataka at 01:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。