2010年01月20日

『COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン) 2010年2月号』



https://www.fujisan.co.jp/Product/1281681406/b/287775/

レビュープラスから「クーリエ・ジャポン」2010年2月号の
献本を受けました。
ありがとうございます。

レビュープラスの登録はこちらです。
献本を受けることができます。

→ レビュープラス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の「クーリエ・ジャポン」のテーマは「次の、ITライフ」。
ツイッター、iPhone、キンドルと次々と新しいものが
登場しました。
これらの登場により、IT環境がかなり変わったと思います。
次に登場するものは何か?

その中のいくつか紹介します。

◆街で気になる情報は、すべてレンズ越しの世界で手に入る

最新式の「ゴーグル」をつけて町を眺めると、ゴーグルの
内側にいろいろな情報が表示されます。
レストランを眺めるとメニューが表示され、
バス停を眺めると詳細な運行情報が表示されます。
専門家の中ではこのような技術は「AR(拡張現実)」と
呼ばれているようです。
夢のような話ですが、実現するのはいつになるでしょうか?

◆TV番組の録画は必要なし 次世代テレビは”検索”で!

「Hulu(フールー)」は、たった2年で主要な動画サイト
にまで成長しました。
フールーでは、800種類以上あるテレビ番組に190以上の
コンテンツ・プロバイダーを介して無料でアクセスできます。
また、450作もの映画を鑑賞することが可能で、昨年7月には
3800万人もの視聴者が動画を鑑賞し、ユーチューブに次いで
多くの動画を配給しています。
未来のテレビは視聴者優先で、見たいものを見たいときに
好きな形で見られるようになり、TV番組の録画は不要に
なるかもしれません。

◆音楽との”出会い系サイト”が自分の好きな曲を教えて
 くれる


「PANDORA(パンドラ)」は、”音楽学者”が
パソコンの前で音楽を聞き、その曲の要素を一つ一つ評価
していくといったことをやっている企業です。
こうしたデータをコンピュータのアルゴリズムに取り込む
ことで、ユーザー好みの曲を提供できると考えているのです。

他にもクラウド化によりゲーム機が不要になる記事や、
電子書籍、アップル、マイクロソフト、グーグル、ツイッター
などの記事が掲載されています。

私が子供のころ、PCや携帯などのIT機器は想像もつきません
でした。
今後のITライフがどうなるか、想像すると楽しくなりますね。
ただ、供給側から見ると存亡をかけた厳しい戦いになります。
ハードウェアの価値が低くなると思われます。

他にも面白い記事が沢山ありますので、興味のある方は
是非読んでみてください。



人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。

ranking_banner2.gif にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

posted by yamataka at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。